Looking Back

おもいでと日常。

毎日1本映画を観た結果

ご無沙汰しています。 自分の中での考えるネタは日々溜まっていきますが、なかなかまとめるなり気を留めていくのに追いつき追い越せな日々なので、出来る限りもっと向き合っていきたいです。最近は日記とは別に、吐き出しノートを作って、自分の心の奥まで向き合って分析しています。

実は少し前、久しぶりにNetflixに加入しました。何年か前に入っていた以来で、当時はテラスハウスが見たくて入っていたのかな、、。今回、久しぶりにまた入ろうと思ったのは

映画が観たい!!!

これが1番の理由。シンプルに。そもそも、生粋の映画好きというわけではない方だと思います。映画館に行くのも年に数回、TSUTAYAに借りに行くのも気が向いた時で、テレビで映画があっていたら気になったら見る程度。

私が思うに、自分はいつもアンテナを張っていて何かの情報を得て自分にインプットし、更にアウトプットをすることも好きだ。常に野心を持っていて、視野を広く持ちたい。という性格なので、その中のアンテナの一部に映画があったように思います。

Filmarksも存在は知っていたけど、ちゃんと使ってはいませんでした。この急にやって来た映画熱をきっかけにFilmarksを見始めると、この作品も見たい!これも!とclipしたり、レビューを見たりして抜けられなくなるほどでした。楽しい!!

そして自分の中で決めて、4月は毎日1本、映画を観る!ということに挑戦してみました。 (もう5月も半ばを過ぎてしまいタイムリーではなくてすみません、、。)

その中で映画を観て得たこと、気付いたことをまとめてみました。

◆映画を観てよかったこと◆

  • 映画を観ている間はその世界に入れる
  • 映画を通して様々な生き方、境遇を知る
  • 異国の文化への興味、理解
  • 良い作品に出会えること
  • 心が動かされ豊かになる
  • 人に薦めたりと会話が広がるきっかけになる



今出てきたのはこんな感じです。また追加するかもしれません。

毎日見ているとだんだん飽きてきたり、マンネリになることもありました。気が進まない日もありました。ですが、自分の中で得るものが多くあったので、結果は観てよかったと思っています。!!!

やはり、映画・ドラマを通じて色んな人の人生を知ることかできるというのは、ノンフィクションとは言えリアルで本当にうまく表現されているので、俳優さん方に対して尊敬の気持ちが増しました。本当に、役者さんってすごい、、!

短期間の間に、様々な作品に触れることがこれまでなかったので、すごくいい機会でした。

実は日本のドラマでも、見続けるのがあまり得意ではなくて1クールに1本観るか観ないかな私ですが、映画もやはり作品によって得意不得意がありました。序盤から興味が持てそうにないな、、とか退屈だなって思うことがあってもなんとか見るようにはしました。 選んだ作品は、基本的に自分が観たい!と思ったものだけです。無理して観ることはないです。そして中にはあまり合わない、、?と思うものもありつつも、最後までなんとか観たものもありました。

個人的にはヒューマン系とコメディが好きです。 昔から洋画が好きですが、邦画も観ます!今回は、毎日交互にとまではいきませんが、バランスよく色んな国の作品を観てみようと思いました。 日本、フィンランドスウェーデンアメリカ、韓国、イギリス、インド、フランス、、、 色んな国の作品に触れることができました。

具体的に全部観たものをあげるとキリがないので、特に良かったものを5つ挙げてみます!



★ウォールフラワー(2012/アメリカ)
トゥルーマン・ショー (1998/アメリカ)
マダム・イン・ニューヨーク(2012/インド)
恋は雨上がりのように(2018/日本)
ワンダー 君は太陽(2017/アメリカ)



王道のものもありますが、友情ものや、感動する話に弱いです。アメリカの作品が、やっぱり好きなのかな。 他にもいいと思った作品はたくさんありますが、絞ってみるとこうなりました!

また語れたらと思います!

クレイマーvsクレイマーより。この作品も好き!

やる気があるのも才能

ピアノを弾いてると驚くほど、考え事をしている。弾くのにちゃんと集中していたら、そんなこと考えられないだろうって思うから、集中していないのかな?

きりがいいところで紙にバーーッと書き出す。頭が整理されている気がするし、普段なら考えられないことも出てくる。でも書いても明日には忘れるから、後から振り返ることが必要。大事だ。

あ〜ハイドンが好きだ。本当はバッハをはじめハイドンモーツァルトの古典派は苦手だけど、あえて積極的に弾くようにしている。
ハイドンは弾いてて楽しい時もあるから、苦手だけど好きだな。心が洗われる。
ドビュッシーは、やっぱり癒されるな。好き。

いつもだいたいクラシック→ポピュラーの順に練習することが多い。クラシックは時代順に弾いたり。ポピュラーは気分で、ジャズだったり最近流行りの曲を弾いたり。

学生時代にもらったジャズの楽譜で弾けてなかった曲をさらおうと、YouTubeで調べてたら、同じアーティストの違う曲で先輩が昔弾いてた曲が出てきて。もう、今の気分にぴったりというか。心がほろっとして泣きそうなくらいいい曲だった。オーケストラバージョンもあったりして。オーケストラでジャズって素敵だな。学生時代の恩師を思い出す。

こんな感じで音楽のことばかり考えてるようだけど、弾きながら、音楽のこともそうだし、全く違うこと例えば過去の記憶や生き方についてや人のことも考える。

音楽のことを考える時は考えるし、考えない時は考えない、テレビでピアノを弾く役の人がいても親近感が湧かないし、自分がピアノを弾くことも忘れてる。

だから、人生の中の一部である。色んな興味がある中で、それでも唯一ひたむきにやってきたことなのかもしれない。それでも生きていたら全てではなくどうしても一部だ。一部といって全部なのかもしれないけど本当は。それは自分がそこに注いできた時間が多いからそこにいる自分は一番自分らしいと思うのかな。それでも全てではなく一部だし一部だし全部。何が言いたいのかわからないけど、そんな感じ。


今日ふと思ったのは(弾きながら)

色んな自分がいるけど、そんな自分の中でも一番自分らしいのが、音楽をしている時の自分だ。それは、さっきも書いてたように、人生の中で向き合ってきた時間が多いからなのかな、というシンプルな考えにも行き着いた。音楽を通して出会った人は、なんだか自分のそのままなのかもしれない。(音は嘘がつけないから、演奏している音こそ本当の自分だ。)

なんて思った発見。演奏の仕事の方にも、早く会いたいなと思った。バイタリティがあって前向きな方が多いから、勉強になるし、そこにいることが楽しい。

もう一つ考えたこと。

自信がなくて、周りを気にして自意識過剰がまたひどくなっている最近だけど、ふと思い出したこの気持ち。

本当に自分が本気で一生懸命にまっすぐに突き進んでいたら、周りなんて気にならない

ということ。

このことをたしか学生時代にも考えたことがあって。そう思ったら無敵になれた気がして。そっか、周りを気にしてるうちは怯えて自信がないからだよね、それなりのことしかできてないということ、本気でやってたら周りなんて気にならないし、気にしてる時間が無駄だなと、当時もなんだか腑に落ちた気がする。

だから単純なことだったみたい。やればできるということ。

あと一つだけ。思い出したこと。

「やる気があるのも才能だよ」

ということをある人に言われた。

ずっと私は才能という言葉に対して疑心暗鬼だった。才能って言うと、特別に偶然与えられたようなもののようだけど、実際はそうでなくて、努力がないとついてこないものだと思うから。 でもこの言葉を聞いた時に、そうか、 そういう意味でも才能って言うのか、と少し考えが広がった自分がいた。誰もがそのやる気を持てるものじゃないし、そのやる気を生かすこともできるとは限らないから。 だから上手なあの人はもっと上手になるんだな。って。 そう思った。

こんな感じで色々考えた。パッと書こうとしたのに長くなった。これでもまだ一部。

まだまだあるから、ずっと話が止まらなくなる。またちゃんとノートにまとめて振り返ろう!と思います。